レーシックのデメリット

レーシックのデメリット

現在では、多くの視力を回復したい人が希望しているレーシックですが、メリットばかりではなくデメリットもあることを知っておくことは重要です。

レーシックはアメリカで認可されてから、まだ10数年しかたっていません。また、レーシックにもいろいろな手術方法があり、それぞれの手術後の実績が、 多少不十分なところがあるとことは認識しておく必要があるでしょう。

レーシックのデメリットは後遺症のリスクがあること。たとえばドライアイやハログレアなどです。これらは数週間~2ヶ月程度で治まるものがほとんどですが、安い施術を受けた人は治りも長引く傾向にあります。

眼はとてもデリケートな部位なので、これらのレーシックのデメリットもよく知り、納得してから手術するか決めることをおすすめします。
 

レーシックの安全性

他の手術にも言えることですが、レーシック手術も、100%の成功率は保証されているものではありません。

手術を受けた後に視力が戻ってしまうことや、手術後の合併症は、充分に考えられることなのです。しかしこれまで、レーシックの手術を受けて失明した、という事例は一度も報告されていませんので、失明の心配はないと思ってよいでしょう。

また、レーシックの手術を受けても、思ったように視力が回復せず再手術となったケースは少なくなっているので、レーシックの安全性におけるデメリットは、小さいようです。

さらに、レーシックには合併症があります。これには、眼が乾いてドライアイになったり、 色のコントラスが見分けにくくなったりするデメリットがあります。

また、レーシックの合併症にはその他にも、周辺にモヤがかかったように見えるハロ現象や、 明るいところがまぶしく見えるグレア現象といった症状もあります。しかし、この合併症も、手術後数カ月から半年くらいで、こういった症状は、なくなるといわれています。
 

レーシックの費用

レーシックのデメリットのひとつには、費用が高いということがあげられるでしょう。というのは、レーシックは健康保険を利用することができない自由診療となっているので、 手術代の全てが自己負担となっているからです。

レーシックの手術代は、クリニックやどの手術方法を受けるかによって異なっていますが、一般的には、片目で10~25万円、両目で20~50万円ぐらいとないっています。

レーシック眼科のアフターサポートと保証

レーシック手術を行うクリニックでは、ほとんどの場合が手術翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後などのスパンで定期検診を行うようにしています。

この定期検診は、手術代の中にその診察代が含まれているため、追加料金が発生することはありません。そして、クリニックによっては、手術後の一定期間内、定期検診以外の診察についても無料にしてくれるところもあります。

また、手術に付随して処方される薬代も追加でとられることはなく無料で出してもらえることも少なくありません。つまり、定期検診と薬代は手術代を支払うときにそこに含まれていると考えてよいでしょう。

続きを読む

日帰りレーシックのリスクってありますか?

「一日に数度の来院」
日帰り「レーシック」は完全予約制です。たった一日ですべてをできます。基本は朝に問診、検診、ある場所はカウンセリングをこなします。

再び昼に来院。手術を行います。ここまではだいたい同じですがここで再びの検診を三度来院して受けるか、翌日に希望で受けるかで分かれます。どちらにしても夜までかかるのは間違いなく、一日掛かりです。

続きを読む

常用薬を使っていてもレーシックは受けられますか?

基本的には常用されているお薬があっても、症状が落ち着いている場合はレーシックを受けることは可能です。
 
<花粉症の薬>
花粉症の薬の場合、基本的にはレーシック手術を受けていただくことは可能ですが、点眼薬はレーシック手術を受けた際に処方された点眼薬にするようにご注意ください。
 
<糖尿病・高血圧の薬>
糖尿病や高血圧のお薬を常用されていてもレーシック手術を受けていただけますが、病気の状態や当日に血圧が不安定だった場合などは手術を受けられない場合もあります。

続きを読む

今はレーシック手術の危険性はないの?

■「失明&合併症」
レーシック手術の一番の心配は失明といってよいでしょう。一番デリケートな部分の一か所にメスを…と考えがちですが、レーシックは角膜の表面を削る手術なので、眼球の内部や網膜に触れませんので失明は理論的にはなといわれています。今までも失明の事例はありません。その心配はないでしょう。

怖いのは合併症です。術後のケアが不十分な場合に引き押される場合があります。確実な腕の医者、アフターケアがしっかりとした病院を選びましょう。
事前の検査も話もろくにしなかったばかりに後悔してもしきれない方もいらっしゃいます。情報に溢れた現在、下調べはしっかりとして、こちらが病院を選べます。

続きを読む