日帰りレーシックのリスクってありますか?

「一日に数度の来院」
日帰り「レーシック」は完全予約制です。たった一日ですべてをできます。基本は朝に問診、検診、ある場所はカウンセリングをこなします。

再び昼に来院。手術を行います。ここまではだいたい同じですがここで再びの検診を三度来院して受けるか、翌日に希望で受けるかで分かれます。どちらにしても夜までかかるのは間違いなく、一日掛かりです。


「日帰りのリスク」
まず疲れるでしょう。朝からみっちり問診に検査、午後から手術し、また検査ではかなり辛いです。一日でとはいいながら検診はたびたびあるのですから、実質一日とはいえないでしょう。
またそうであってはいけないのです。それこそが最大のリスクです。

いくら調べて大丈夫と選んだ病院であったとしても予約の電話を受諾された時点でその病院に決定です。後悔なさいませんか。いくら早く終わらせたいからといって、事前から相談をして信頼している医師と、その日が初対面どころか午後にはもう自分の目を託さなくてはないない医師。

それどころか夜にはお別れです。しかも午前の検査結果は午後の手術プランとして早々に回されます。どんな結果がでて、手術を行います。と言われてもこちらは「はい」としか言えません。
聞きたいことはあっても質問したくても、慌ただしい雰囲気で一方的な説明に口をはさむことができるでしょうか。

勿論「定期検診」はありますし、「アフターケア」の面からも大丈夫な病院を選んだこととは思います。ですが情報と実際の違いは来院するまでわかりません。

「レーシック」に関してはセカンドオピニオンの考えを持って来院した方がいいと考えます。大切な目です。時間を短縮することばかりを考えずに、時間をかけての治療を考えてください。