レーシック費用

▼レーシック手術そのものの費用

レーシック検査費用は無料視力回復のレーシック手術に関する費用は、いろいろな項目で分かれます。

まずはレーシック手術そのものに掛かる費用、手術代ですね。その他は交通費や仕事を休むことによる費用なども必要になりますが、やはり最も高額なのは手術費になるでしょう。

具体的なレーシック費用は、もっとも安いものの場合はおよそ8万円程度から、高いものの場合は30万円~といったところが相場になります。以前よりはレーシック手術を多くのところが扱っており、それによって競争原理が働き同じくらいの費用に落ち着いているというのが実情です。

▼レーシック費用の違いの理由

レーシック費用の違いは、そのまま技術費ということができます。もっとも手軽な従来型のケラトームレーシックは、旧方式及び機器によって行われるので、安いですが安全性はその分低くなります。

品川近視クリニックのアマリスZレーシックのような高価なものは最新の方式を採用しており、高額な専用機器を使用している分が費用に反映されて高めな料金設定になっています。

もちろん新しく開発された分メリットも大きく、極度の矯正が必要な場合もレーシックは可能であったり、レーシック後の回復が早くなっているなど様々な特徴を持っています。

安い施術=目への負担が大きい
高い施術=目への負担が小さい

と考えてもいいかもしれませんね。個人個人の角膜の厚さや目の状態により、安いケラトームレーシックは受けられない場合も多いです。(参考:レーシック費用ナビ【※安い施術料金はリスクあり?】

▼レーシック費用を安くするには?

レーシック手術のうち、浮かすことができる費用もあります。手術をうけられる眼科はほとんどが都市部に集中していますから、地方から受けに行く場合は交通費が意外とかかってしまいますよね。

この交通費を負担してくれるサービスが広く行われており、品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックなど、レーシック眼科ならほとんどのところで交通費を浮かすことが出来ると言えます。

もちろん上限の設定や距離によるなど条件は様々ですが、しっかり調べて選べばレーシック費用を抑えることが可能となります。

病院により施術費用の差がある!

▼なぜ料金が異なるの?

レーシックの手術費用には、それぞれのクリニックによって、大きな差があるようです。なぜ、レーシック手術は、各クリニックによって、その手術費用には差があるのでしょうか?

それは、レーシック手術は自由診療となっているためです。そのため、手術費用は15万円から50万円くらいまでと大きな差があるのです。

保険が適応されて診療費用が一律に定められているのが保険診療です。それに対して、レーシックの手術は、各病院が料金を自由に決めることができる自由診療であることから、このようなことになっているのです。

つまり、自由診療であるということは、全く同じ手術手法のレーシックであっても、どこのクリニックで手術を受けるかによって、その手術費用が大きく異なってしまう可能性があるということなのです。

▼手術方法による料金の違い

レーシック手術費用の違いには、それぞれのクリニックが自由に費用設定できるということだけでない料金の開きがあります。これは、どのレーシックの手術方法を受けるかによる違いです。

というのは、いろいろとあるレーシックには、現在広く普及している一般的な手術方法と、最新の手術方法まであり料金に大きな差があるのです。

最新のレーシックは、その手術には最新の機器がいくつも必要となる手術である事から、精度の高い手術を受けることができる反面、その料金はとても高くなっています。老眼レーシックだと低料金の品川近視クリニックでも30万円くらいはかかります。(詳しくはレーシック老眼治療ナビ【※後悔しない老眼治療】

それに対して、一般的に普及している初期のケラトームレーシックでは、他のクリニックとの価格競争なども行われているために、その料金は低く抑えられていると言えます。

レーシックの手術費用は、このように手術によって料金の違いがあるのですが、決して高い手術が良いというものではありません。

それぞれの角膜の状況などによって受けることができない手術方法もあるので、レーシック手術を希望する場合は、自分にあった手術方法を選ぶことが大切なのです。

▼どのクリニックがいいのか

一般的に、レーシックの中でも広く普及しているマイクロケラトームを使用したレーシックは、その手術費用は控えめの設定となっていますが、最新のアイレーシックやZレーシックなどは、比較的その料金は高く設定されているようです。

クリニックによって手術費用には、薬の処方を含まない料金を提示しているクリニックもあります。

そのため、クリニックを選ぶ時は、薬の費用や定期検査の費用など、レーシック手術の関わる諸経費なども含まれているのかを調べておくとよいでしょう。

そして、費用だけで決めるのではなく、カウンセリングやアフターケアなどもしっかりしているかどうかを確認して、自分が安心して手術を受けることができるクリニックを選ぶことが大切でしょう。

▼費用が高くてもレーシックでの視力回復を勧める理由

レーシック以外の視力矯正

視力が悪い場合、眼鏡やコンタクトレンズを使用するのが一般的です。しかし、どちらもそれぞれデメリットがあります。眼鏡についていえば、外見を気にしてコンタクトレンズに切り替える方は大勢います(逆にオシャレにも眼鏡は使えますが)。眼鏡は汚れたり曇ったりということがありますし、また、激しいスポーツには不向きです。

コンタクトレンズはその毎日のケアが大変です。1日使い捨てのタイプにすればケアは楽になりますが、費用はかなり上がります。長期間使えるタイプのコンタクトレンズだったとしても、一生使い続けると考えた時に、相当な費用額になります。

また、もともと目の呼吸を妨げて目に良くないのですが、ケアを誤ると目を傷つけてしまったり、病気になってしまったりとリスクもあります。

レーシックの特徴

レーシックは確かに料金は高いです。また、外科手術ですので、リスクが全くないということもありません。ですが、高いといっても今では最安のケラトームレーシックなら10万円を切っています。精度の高いイントラレーシックでも20万円しません。

このくらいの費用であれば、眼鏡やコンタクトレンズを一生使い続けるのと比べたらかなり安く済むでしょう。また、レーシックの失敗で失明したという事例はなく、手術後の見え方が希望と違ったとしても、再手術の保証がついていたります。

レーシックの魅力は、わずらわしいケアから解放されたうえで、裸眼で生活できるということです。眼鏡やコンタクトレンズではどうしても生活の中で見えにくいタイミングがあります。希

少直後、就寝前、マリンスポーツなどです。こういったときにも全く問題なく見えるというのは、大きなメリットです。手術は両目で15分程度と非常に短時間で終わり、入院は不要です。